Free

【PC基礎スキル】iphoneのHEIC形式をJPGに変換する方法

よくiPhoneで撮った写真をAirDropでMacbookに転送すると、以前は、撮った写真データの拡張子は『.jpeg』だったのですが、あるときから『.heic』に変わってました。

この拡張子のままだと、Windowsでは見れないことや、LINEアカウントマネージャーなどにアップロードして使いたい場合は「png」か「jpg」指定があるのでこのままじゃ使えない・・・。

だから、iphoneで撮影した写真をPCで使いたい場合は「.jpg」「.JPG」「.jpeg」のどれかに変えてやる必要があるので、変換の仕方をここで解説しますね!

そもそも拡張子とは何だ?という方は、コチラのページも参考にご覧ください。

拡張子「.heic」とは

「High Efficiency Image File Format」の略でHEIF(ヒーフ)または HEIC(ヘイク)。iPhoneで撮影された写真は、デフォルトではこのHEIC形式になっています。

iOS11から実装された新型の拡張子だそうです。

HEIC形式のメリットは、

  • 編集作業で画質が劣化しにくい
  • 容量を低く抑えることができる

と、なかなか嬉しい特徴があります。

しかしこの『.heic』、Macでは表示出来るのですがWindowsでは表示されません。
なのでWindowsに共有する際は拡張子を『.jpeg』に変換する必要があります。

今回は、拡張子を変換してくれる無料Webサービスはいくつもありますが、そのようなサービスは使わず、簡単且つ安全に拡張子を変更する方法を2つご紹介します。

iPhoneの設定で拡張子を「.jpeg」に変更
①[設定]の[カメラ]を開きます。

②[フォーマット]を開きます。

③『互換性優先』に変更します。

このように設定しておくと、iPhoneで撮った写真の拡張子はすべて『.jpeg』になります。

 

Macで拡張子を「.jpeg」に変換

①写真を[プレビュー]で表示する

②[ファイル]の[書き出す]をクリックします。

③フォーマットを『.jpeg』にして保存します。

これで拡張子を『.jpeg』に変換できます。

 

 

 

ABOUT ME
sakurai_shohei
初めまして!POLARIS代表の桜井翔平です! 埼玉在住、現在は起業家育成コミュニティーの運営をしながら、経営コンサルなどもしております。 SNS媒体はFacebook、TikTok、Instagramを使っております。 Facebook:https://www.facebook.com/sakurai.show.hey1006 よろしくお願いします!
PAGE TOP